愛犬が皮膚病にならないようにするには|食べ物に注意

男女

調べておくと安心

遺影

ペットとのお別れの方法

かわいいペットは大切な家族の一員です。ペットがいてくれるだけで生活にハリが出るといわれる方もいらっしゃいます。いざというとき、そんな家族とのお別れの時、ペット供養は大阪でどのような形で行えばいいのでしょうか。大阪の業者が対応してくれるペット供養の種類ですが、ハムスターのような小動物から、猫、うさぎ、また30キロの大型犬まで幅広く対応してくれます。30キロ以上の大型犬などは火葬の際に別途料金が発生することがあります。セレモニーの方法ですが、大阪の業者によってそれぞれ金額と内容が違いますのでまずプランを決定します。この時にしっかり料金については確認しておくと後々トラブルになることがありません。火葬の日時は事前に予約が必要ですが、24時間体制で電話を受け付けてくれる業者が多いです。また、火葬はペットがなくなって2,3日後でも大丈夫です。後悔のないように家でしっかりお別れする時間をもうけましょう。業者によっては、この時に生花や焼香台をセットして遺体をタオルでふくなどのお清めをしてペット供養を行うこともあります。火葬する際には、好んで食べていたペットフードなどをご準備ください。火葬はお願いする場合と立ち会う場合があります。火葬後はお骨も拾えます。立ち会わない場合には、遺骨を家までもってきてもらいます。大阪市内には納骨堂やペット霊園もありますので、どのようにペット供養をされるのかご家族同士で相談して決定してください。